ホーム ブログ

4万円で100万円動かせる?レバレッジとはFXが人気の秘密

0
レバレッジはFX最大の魅力

レバレッジとは?FXが人気の理由

FXのレバレッジはテコの事「レバレッジ」とは、少ない資金を元手に、大きな金額を動かす仕組みのことです。

「テコの原理」をイメージしてください。

レバレッジ(Leverage)は、レバー(lever)が語源となっていますが、レバーとは「テコ」という意味です。

例えば重たいものを持ち上げるとき、テコを使えば、実際に持つ力よりも遥かに大きな力を発揮できますよね?

これがFXでの取引にも使えるんです。

FXでは、取引をする際に証拠金が必要となりますが、その証拠金の何倍もの金額を動かすことができます。

いろいろな投資方法の中でもFXが人気なのは、この「レバレッジ」という仕組みがあるからなんです。

「投資はある程度お金を持っている人が資産運用するものだ」と、少し敷居が高いイメージを持たれている方もいると思います。

FXはそんなことありませんよ!

始めるのに数百万円といった高額資金を用意する必要はなく、どなたでも、少ない資金で始められることができます。

しかも、レバレッジをかけた運用が成功すれば、それだけ大きく儲けることができるんです。

レバレッジはFX最大の魅力ではありますが、当然リスクもあります。

今回は、そんなレバレッジについて、詳しく学び、上手に取引ができるようにしていきましょう。

レバレッジは、FXで取引をするうえで欠かせない仕組みだよね。
レバレッジはその倍率によってハイリスク・ハイリターンになっていくわ。

初心者の人は、まずレバレッジの仕組みから詳しく見ていきましょう。

4万円で1万ドルを動かせる!レバレッジの仕組み

FXのレバレッジは少額で大きな額を取引できるレバレッジをかければ、証拠金の1倍~25倍程度までの金額を動かすことができます。

ここでは、レバレッジを25倍で取引した場合の例をご紹介しますね。

例えば、1ドル100円のときに、1万ドルの取引をするとしましょう。

外貨預金や両替の場合、このときに必要な金額は、

【100(円)×1万(ドル)=100万(円)】

となるので、100万円がないと取引できません。(レバレッジの仕組みがない)

ところが、FXの場合、レバレッジを25倍にしているので、

【100万(円)÷25(レバレッジ)=4万(円)】となります。

つまり、4万円あれば1万ドルの取引ができるというわけですね。

そして、1ドルの価値が100円から101円に上がった場合、1万円の利益になります。

外貨預金:100万円の投資で1万円の利益。

FX:4万円の投資で1万円の利益。

FXのレバレッジの仕組み

(上記の画像は、GMOクリック証券より引用。)

どうですか?投資をするなら、FXの方が遥かに低予算で大丈夫なんです。

でも、なんでFXではレバレッジをかけた取引が可能なんだろう?
それは、FXの決済方法に理由があるのよ。

じゃあ次は、そのことについて説明を見てみましょう。

FXではなぜレバレッジをかけた取引ができるの?

FXでレバレッジをかけられるのは差金決済が理由FXは「差金決済」により、少額で取引することができます。

FXは、取引した際の差額分だけを決済する、「差金決済」という方法で決済されます。

差金決済取引は、買ったらその後売る、または売ったらその後買う、というように、反対売買が行われます。

例えば、1ドル100円で1万ドル(100万円分)買ったとしても、100万円をそのまま渡すわけではありません。

その後、1ドルが120円まで上がったとき、保有している1万ドルを売ったとします。

そうすると、120万円になっていることになりますが、これもまた、そのまま受け取るわけではないんです。

この場合、【120万円-100万円=20万円】となるので、差額の20万円分を受け取るということになります。

FXでレバレッジをかけた取引が可能なのは、この差金決済という決済方法があるからなんですね。

つまり、取引をする際に現物が移動するわけではないという事です。

FXでの取引がスムーズに行われるのも、これが理由なんです。

反対売買をするときに必要な金額が証拠金として確保されていれば、取引する金額を全額用意する必要がありません。

なるほど!

取引の都度、現金の移動がされるわけではないんだね。

FXでは、取引が終了した時点で、その差額分だけを受け取る、または支払うのよ。

この差金決済取引が、自分が持っている資金以上の取引が可能な理由ね。

かけ過ぎ注意!レバレッジに潜むリスク

FXのレバレッジにはリスクもあるレバレッジをかけると、運用が成功した場合は大きな利益になりますが、反対に失敗した場合は同じく大きな損失となります。

4万円の元手資金で、レバレッジ25倍で取引した場合で見てみましょう。

先ほどご紹介した通り、1ドル100なら、1万ドル(100万円分)の取引が可能です。

1ドル101円に上がった場合、1万円の利益になりますが、逆に1ドルが99円に下がった場合はどうなるでしょうか?

そう、これは1万円の損失になるということです。

元手資金も、3万円になってしまいます。

FXのレバレッジの損失例

(上記の画像は、GMOクリック証券より引用。)

これが、1ドル96円に下がってしまった場合は4万円の損失です。

レートが4%下落しただけで、元手資金はなくなってしまいます。

レバレッジはかける倍率が高くなるほど、ハイリスクになっていくんだね。
大きくレバレッジをかけた状態で損が出ると、ロスカット(強制決済)のリスクも大きくなるのよ。

レバレッジの倍率でロスカットの水準も変わってくる?

FXのレバレッジはハイリスクハイリターンロスカットされる水準は、レバレッジを何倍かけているのかによって変わります。

というよりは、レバレッジの倍数が高くなるほど、口座に入れておく金額を増やしていくべきなんです。

ロスカットとは、証拠金以上の損失を出さないために強制決済されることです。

証拠金は投資家がFX会社に担保として預けている資金ですので、これが赤字になってしまうのはFX会社にとっても良くないことです。

ロスカットは、投資家の必要最低限の資金を守る仕組みでもあります。

レバレッジを大きくかけるほど、ロスカットされる水準は厳しくなっていきます。

レバレッジ25倍の場合

レバレッジ25倍の場合例えば、証拠金として口座に5万円入金しているとします。

このとき、1ドル100円を1万ドル(100万円分)買いたい時の必要証拠金(実際の取引に必要な資金)は4万円だったとします。

そうすると、【5万円(証拠金)-4万円(必要証拠金)=1万円】となるので、余裕資金は1万円です。

1万ドルのポジションを保有している場合、為替レートが1円動くと1万円の値動きがあるという事になります。

つまり、1ドル99円に下落すると、1万円の含み損を抱えてしまうことになります。

口座にある5万円のうち、4万円は必要証拠金として使ってしまっているので、余裕資金は1万円しかありません。

ということは、1万円分の損にしか耐えられないという事ですね。

この余裕資金を上回ってしまうような損失が出る場合には、強制ロスカットが行われます。

この場合、100円-1円=99円でロスカットとなります。

為替レートがたったの1%下落しただけで、ロスカットとなってしまうんですね。

レバレッジ1倍の場合(実効レバレッジ)

レバレッジ1倍の場合今度は、レバレッジ1倍で考えてみましょう。

1倍ということは、つまりレバレッジをかけない取引ということですね。

ということは、1万ドルの取引をするのには、最低でも100万円の証拠金が必要という事です。

この場合、購入金額(1万ドル分)=証拠金(100万円)とします。

必要証拠金は同じく4万円とすると、【100万円-4万円=96万円】となります。

つまり、今度は96万円までの含み損に耐えられるという事ですね。

【100円-96円=4円】なので、米ドル/円のレートが4円まで下がらないと、ロスカットされません!

また、このことを「実効レバレッジ1倍」とも呼びます。

なんかややこしいな。証拠金を多く入れておけば安心なのは当たり前なんじゃない?
確かにちょっとややこしいわね。

証拠金以上の取引ができるのがレバレッジの魅力だけど、もう少し詳しく見てみましょう。

余裕を持った証拠金を入金するべき!

レバレッジをかけるときは資金に余裕を持つことが大事もうお分かりの方もいるとは思いますが、ロスカットされないためには、証拠金に余裕を持つことが大事なんです。

証拠金が多ければ多いほど、余裕資金も多くなりますよね。

先ほどご紹介したレバレッジ25倍のとき、例えば証拠金を10万円入金していた場合はどうなるでしょうか?

【10万円(証拠金)-4万円(必要証拠金)=6万円】

今度は、余裕資金が6万円もあります。

6万円までの含み損に耐えられるというわけですね。

ということは、【100円-6円=94円】となるので、米ドル/円が94円まで下がらなければロスカットされません。

このように、余裕資金をたくさん持てた方が、よりリスクを軽減させることができるんです。

うん、それは分かるんだけど・・・。

じゃあ、同じ証拠金の場合だと、やっぱりレバレッジが大きい方が危ないのかな?

「実効レバレッジ」と「レバレッジ」があるからわかりにくくなるのよね。

では、ここまでの項目のことを踏まえて、実際にレバレッジ25倍は危険なのかどうか?見てみましょう。

本当に危険?レバレッジ25倍の資金具体例

FXの高レバレッジは本当に危険なのか今度は、口座に10万円入金している場合、購入時のレバレッジを5倍と25倍で見てみましょう。

米ドル100円の時に、1,000ドル(10万円分)買ったとします。

この時、購入時のレバレッジ25倍だと、必要証拠金は4,000円です。

【10万÷25=4,000円】

そうすると、余裕資金は96,000円になりますね。

では、購入時のレバレッジが5倍だとどうなるでしょうか?

【100円(1ドル)×1,000(ドル)÷5=20,000円】

今度は、余裕資金が80,000円ですね。

つまり、購入時のレバレッジが25倍よりも5倍で買った方が、よりたくさんの必要証拠金がいるんですね。

ということは、購入時のレバレッジが低いと、余裕資金も少なくなっていき、よりロスカットされやすくなってしまうという事なんです。

おかしいですよね、先ほどは、レバレッジ25倍だと、レートが1%下落しただけでロスカットでした。

今度は倍率が低い方が余裕がありませんよね・・・。

実効レバレッジとレバレッジは違うの?

「実効レバレッジ」とは、実際に預けた証拠金の何倍の取引をしているのか、ということを表します。

一方の「レバレッジ」は、証拠金の何倍まで取引が可能なのか、というこを表しています。

混同してしまいがちですが、似ているようで違うんですね。

実は、同じ25倍のレバレッジでも先ほどと比べて資金に違いが出る理由は、この実効レバレッジが正体なんです。

なるほど。

実効レバレッジは、実際に取引しているときの倍率なんだね。

例えば「最大レバレッジ25倍」というのは、最大で証拠金の25倍の取引ができるという意味ね。

その中で取引をすることで、実効レバレッジが何倍かがわかってくるのよ。

初心者は2~3倍に抑えた方がいいってどういうこと?

抑えるべきなのは実効レバレッジこれは、つまり実効レバレッジのことを指しているんです。

よく、「FX初心者はレバレッジ2~3倍くらいに抑えた方がいい」みたいなこと聞きませんか?

でも先ほどご紹介した通り、購入時のレバレッジは高い方が余裕資金があることがわかりましたよね。

つまり、最大レバレッジを25倍に設定したうえで、取引する際の実効レバレッジは2~3倍に抑えた方が良いよ、という意味なんです。

例えば、先ほどの例でいうと、実効レバレッジ1倍のときはこうです。

証拠金(口座残高):10万円

必要証拠金:4,000円

余裕資金:96,000円

ロスカット:4円

これで、1,000ドル(10万円分)の取引ができます。

実効レバレッジ2倍の場合

実効レバレッジ2倍の場合実効レバレッジ2倍になると、証拠金(口座残高)は半分の金額で取引ができます。

証拠金(口座残高):5万円

必要証拠金:4,000円

余裕資金:46,000円

ロスカット:54円

2倍にするだけでも、ロスカットされる値がかなり上がったのがわかるかと思います。

実効レバレッジ3倍の場合

実効レバレッジ3倍の場合実効レバレッジ3倍だと、証拠金はおよそ3分の1程度です。

証拠金:33,000円

必要証拠金:4,000円

余裕資金:29,000円

ロスカット:71円

こうなると、米ドル/円の最安値にかなり近い金額となってきました。

これ以上になると、ロスカットのリスクがかなり上がってくるので、実効レバレッジは2~3倍くらいが安全範囲です。

余裕を見て資産運用するには、これくらいを目安とすると良いでしょう。

そういうことだったんだね!

最大レバレッジ25倍にしておいて、実効レバレッジは1倍~3倍の間で取引するようにすれば安全ということか!

購入時のレバレッジは、25倍で固定しているFX会社も多いのよ。

 デモトレードで練習するのがオススメ

デモ取引でレバレッジをかけてみようFX会社によっては、デモトレードができるところもあります。

デモトレードとは、証拠金などの投資金額を設定し、取引ツールや、取引を仮想で体験できるサービスの事です。

文章だけで学ぶよりも、実際に経験してみた方が、よりレバレッジの性質をつかむことができると思います。

デモトレードは無料で行えるところもあるので、特に初心者の方は練習しておくと良いでしょう。

期限を設けているFX会社も多いですが、その期間中だけでも勉強と思って利用しておくことをオススメします!

実際に資金を用意することもなく、実践さながらの環境で取引を体験できるため、非常に良い経験になりますよ。

ここでは、デモトレードができるFX会社をいくつかご紹介しておきますね。

①GMOクリック証券

GMOクリック証券は、元手金(仮想)を10万円から9,999万円で任意設定できます。

利用期間は、登録日から1ヵ月間です。

PC・スマホ・携帯から利用できます。

②YJFX!

YJFX!は、PC・スマホ・タブレットから利用できます。

利用期間は30日間です。

もちろん無料で登録できますよ!

③外為オンライン

外為オンラインも、PC・スマホ・タブレットから利用できます。

こちらも無料で最短1分で申込ができます。

利用期間は1ヶ月間です。

④DMM FX

DMM FXでは、純資産額が500万円からのスタートとなります。

PC・スマホ・iPadから利用できます。

利用期間は、なんと3ヵ月です!

確かに、実際に体験してみた方が、よりイメージがつかみやすいよね!

FX会社に口座開設をしたら、僕も使ってみよう。

各FX会社は、初心者の人が本番に近い取引を体験できるよう、デモトレードのサービスを提供しているのよ。

全くお金もかからないんだし、本気でFXに取り組むのなら、まずはデモトレードで練習よ!

レバレッジは諸刃の剣なのか?

FXのレバレッジを上手に使おうレバレッジは、FX最大の魅力であると同時に、高リスクを背負うことにもなる武器です。

しかし、先ほども言ったように、ロスカットにならない水準で倍率を設定すれば、上手に取引ができます。

証拠金を何百万、何千万と用意できる方は、比較的余裕を持った取引ができるでしょう。

しかし、サラリーマンをしながら、あるいは家事や学業をする傍ら、余剰金でFXを始められる方も多いと思います。

かく言う私もそうですが、いきなりそんな大金用意できませんよね。

というより、もともと少ない金額で始められる投資だから、FXを選んだのだと思います。

ここまで読んで下さった方はもうお分かりだとは思いますが、実効レバレッジは2~3倍に設定することが妥当です。

そうすればロスカットされるリスクも比較的高確率で避けられ、絶対に安全とは言えないまでも、「危険ではない」水準での取引ができます。

私としては、特にこれからFXを始めようという方は、まずは2倍までに抑えていただきたいと思います。

そうすれば、ロスカットに怯えることもなく、安心して眠れますよ。

リスクが怖くてFXを嫌いになるよりも、安全範囲で経験を積み重ね、レベルアップしていく方がずっと楽しいんです。

焦らずじっくり、「勝てるトレーダー」を目指して勉強していきましょう!

安全範囲でレバレッジを設定すれば、FXの醍醐味を味わうことができるね!
そう、諸刃の剣かどうかは、使う人次第ね。

勝てるトレーダーになるためには、最大限にレバレッジを活かした取引ができるようにならなきゃね!

FXのレバレッジのまとめ

FXのレバレッジは上手く使えば最高の武器になる

  • レバレッジとは、少ない資金で大きな金額を動かす仕組みのこと
  • レバレッジは基本的に最大25倍まで
  • レバレッジをかけた取引ができるのは、FXが差金決済だから
  • レバレッジはかけ過ぎに注意しよう
  • ロスカットのリスクを考えよう
  • 証拠金に余裕を持とう
  • 実効レバレッジは2~3倍に抑えるべき
  • デモトレードで練習しておこう
  • レバレッジが利益に繋がるかどうかは、使い方次第

コストは銀行の1/600!FXのスプレッドとは取引手数料のこと

0
FXのスプレッドとは?

FXのスプレッドとは?必ずかかる手数料

FXのスプレッドとは取引手数料FXの「スプレッド」とは、「売値と買値の差」のことを指します。

FXを始める際には、FX会社に口座開設をする必要があります。

この業者を通して実際に取引をしていくわけですが、その際にほぼ必ずかかるコストがあります。

例えば、為替レートを表示するときに、「BID」「ASK」の文字の下に、数字が表示されています。

「BID」は売値、「ASK」は買値のことで、両者の数字には開きがあるんです。

この開きのことをスプレッドと呼び、FX会社の取引手数料私たちにとってのコストとなるわけです。

ちなみにこの売値と買値のことを、2ウェイプライスと呼びます。

よくスプレッドが「広がる」とか、「狭い」などと言いますが、これは売値と買値の開きのことを言っているんですね。

私たち顧客のコストになるわけですから、当然、スプレッドは狭い方が良いですよね。

よくスプレッドの基準的な扱いをされている、米ドル/円の為替レートを例に挙げてみましょう。

売値(BID)が123.797円、買値(ASK)が123.800円だったとすると、0.003円の差があります。

FXのスプレッド

(画像はGMOクリック証券より引用。)

このときのスプレッドは、「0.3銭」となります。

つまり、取引するときに、この0.3銭を手数料として支払うことになるんです。

今回はスプレッドだね。

これはFXをするなら、必ず覚えておくべき重要用語だよね。

そうね。

スプレッドについてしっかりと理解をしていないと、FXでの取引で利益を上げることは難しいわよ!

よく見る単位「pips」と「銭」は同じ?

FXのスプレッドの単位スプレッドを表す単位として、「pips」と「銭」があります。

「銭」の方は、私たち日本人には比較的なじみのある単位だと思います。

日本円の最小通貨単位、1円の100分の1が1銭ですよね。

一方の「pips」とは何なのでしょうか?

これも実は、最小通貨単位の100分の1の単位なんです。

FXでは、沢山の国の通貨が取り扱われています。

その国の通貨によって単位を変えていたら、ものすごくゴチャゴチャしてわかりにくいですよね。

そのため、取引がスムーズに行えるように、全通貨共通の単位として、「pips」があるんです。

この単位も頻繁に目にすることがあるので、必ず覚えておきましょう。

例えば、米ドルの最小通貨単位はセントです。

この1セントの100分の1は、0.01セントになりますよね。

FXの場合、「ドル」で取引が行われるので、この0.01セントをさらにドルになおして考えます。

そうすると、0.0001ドルとなります。

つまり、0.0001ドル=1pipsとなるわけですね。

ちなみに日本円の場合は、0.01円つまり1銭なので、1銭=1pipsとなります。

つまり、銭とpipsは同じ単位だと考えて良いんだね!
ただ、実際に取引する場合は、さらにその10分の1のスプレッドになるのよ。

そのことについても、ちょっと説明を見ましょう。

1pipsも1銭も、最小「取引」単位ではない!

FXのスプレッドは0.1pips単位実際に取引するときのスプレッドは、1銭あるいは1pips単位ではないんです。

冒頭でもご紹介した米ドル/円の場合、スプレッドは0.3銭でしたよね。

つまり、1銭・1pips=最小「取引」単位ではないということなんです。

昔は最小取引単位だった

FXのスプレッドは昔は広かった一昔前までは、米ドル/円なら「115.50円」や「120.10円」のように、最小通貨単位の10分の1ま表記されていました。

つまり、銭もpipsも、それと同時に最小取引単位でもあったんですね。

しかし、現在ではFXが人気の投資方法になり、FX会社もかなり増えました。

それにより価格競争がどんどん起こり、1銭や1pipsの、さらに10分の1までスプレッドを狭くする業者が多くなったんです。

現在のスプレッドは1pips以下がほとんど

昔に比べるとスプレッドがかなり狭くなった現在では、スプレッドを1pips以下に設定しているFX会社がほとんどです。

例えば米ドル/円なら、業界で最も狭い水準で提供しているFX会社なら、0.2~0.3銭がほとんどです。

もちろん、1銭や4銭などで設定している業者もありますが、これだとかなりスプレッドが広い印象です。

価格表記も昔は「115.50円」だったのが、「115.503円」と、ひと桁多くなっています。

ですので、最小取引単位は1pipsや1銭の、さらに10分の1になっているということを覚えておきましょう。

昔に比べると、それだけ僕らにとっても利用しやすくなったということかな。
そうね、今はもう当たり前のような感覚になっているけれど、昔と比べたらコストが遥かに安くなっているのよね。

FXのスプレッドは外貨預金とは比べ物にならない

FXのスプレッドは外貨預金よりも圧倒的に安い本当、比べ物になりません!

・・・もちろん良い意味で。

FXのスプレッド(手数料)は、外貨預金に比べて圧倒的に安いんです。

そのため、外貨預金からFXに切り替える人も多くいると思います。

銀行での外貨預金においても売値と買値に差があるのですが、多くの銀行ではその値幅を1円で設定しています。

外貨預金は円を外貨へ両替する為替レート「TTS」、外貨を売り円に両替する為替レート「TTB」が設けられています。

例えば米ドルの場合、TTS=+1円、TTB=-1円となっている場合が多く、ドル円については取引を往復すると、2円の手数料がかかることになります。

しかし、FXの場合、先ほどご紹介した通り同じ通貨ペアでも、スプレッド0.3銭です。

FXでは、2ウェイプライスで表示されているスプレッドは往復分になります。

ドル円0.3銭は業界最狭水準のスプレッドですが、この場合、外貨預金の600倍以上も安いんです!

スプレッドが少し広めに設定してあったとしても、FXでは往復で1銭程度で済み、それでもおよそ200倍安いことになります。

FXが外貨預金よりも手数料が高いという事は、まず無いと考えて良いでしょう。

外貨預金の場合、例えば米ドルを日本円で1万通貨買いたかったら、2万円もの手数料がかかってしまうんだね!
一方FXでは、それと同じ取引数量でも、たったの30円ほどしかかからないのよ。

どちらで取引した方がお得かは、一目瞭然ね。

FXのスプレッドは変動する?またそれはどんな時?

FXのスプレッドは固定ではないFXのスプレッドは、固定されているわけではありません。

つまり、常時同じ手数料で取引できるわけではないということですね。

例えば、同じFX会社で取引しても、米ドル/円のスプレッドは0.3銭だったり、0.5銭だったりすることがあります。

これは時間帯やあるイベントの時などに変動しやすいんです。

流動性の低い時間帯

FXのスプレッドが広がりやすい早朝流動性とは、簡単に言うと取引量のことです。

流動性が高い、つまり取引量が多い時間帯は、価格が安定しやすく、スプレッドが広がりにくいんです。

しかし反対に、流動性の低い時間帯は、取引量の減少とともに価格も不安定になり、スプレッドが広がりやすい傾向にあります。

FXの場合、基本的には日本時間の朝6~7時前後の早朝にスプレッドが広がりやすいです。

これは、ニューヨーク市場のクローズ、ウェリントン市場のオープン、スワップポイントの支払い・受取りが発生することが原因です。

重要な経済指標発表時(相場急変時)

FXのスプレッドは重要な経済指標発表時に広がりやすい重要な経済指標発表時にも、スプレッドが広がりやすいんです。

重要な経済指標の発表は、FXでの取引契機になることが多く、ポジション決済や反転、新規ポジションを建てたりといったことが、世界中で起こります。

そのため、新規注文と決済注文が入り乱れて、為替レートが急変してしまう要因にもなっているんです。

その結果スプレッドも大きく広がるといったことが起こりやすくなってしまうんですね。

また、アメリカの雇用統計は注目されており、この発表前は流動性が低下します。

そのため、アメリカの雇用統計発表前も取引量が乏しくなり、スプレッドが広がりやすくなります。

自然災害

FXのスプレッドは自然災害の時も広がりやすい地震や津波、竜巻などの自然災害時も、相場が急変することがあります。

スプレッドが大きく広がるような災害が起こるようなことは滅多にありません。

しかし、私たちは地震大国である日本に住んでいます。

いつ大地震がくるかもわかりませんよね。

ですので、自然災害や天変地異が起こるときも、流動性が低くなりスプレッドが広がる可能性もある、ということを覚えておきましょう。

大地震が来たらFXなんてしてる場合じゃないじゃない!
何も日本だけで起こるとは限らないでしょ。

国際問題のテロだってあるし、FXは世界中の国際状況に影響を受けるのよ。

他国で自然災害が起きた時も、備えはしておかなくちゃね。

FX会社によってもスプレッドは異なる!

スプレッドはFX会社によって異なるスプレッドとはFX会社の取引手数料だと説明しましたが、これは各業者が自由に決めています。

実際、このスプレッドはFX会社の利益となる部分なのですが、企業努力により現在は各社ともかなり狭いスプレッドを提供しています。

本ページでもご紹介している米ドル/円を0.3銭で設定しているFX会社も多く、中には0.27~0.2銭と、極狭スプレッドを提供しているところもあります。

ここではスプレッドによってどれくらいコストが違うのか、比較してみましょう。

スプレッド1銭 A社の場合

A社は、ドル円のスプレッドを1銭で設定しています。

実際には、ある程度まとまった通貨量で取引をするので、1万通貨を取引した場合で見てみましょう。

【スプレッド1銭×1万通貨=100円】

スプレッド1銭だと、1万通貨取引するのに、100円のコストがかかるんですね。

スプレッド0.3銭 B社の場合

B社は、ドル円のスプレッドを業界最狭水準の0.3銭で設定しています。

では、このスプレッドで1万通貨取引した場合はどうなるでしょうか?

【スプレッド0.3銭×1万通貨=30円】

B社はなんとたったの30円のコストで済みます!

比較してわかることは・・・

FXのスプレッドは狭いほど低コストつまり、スプレッドは狭ければよりコストを抑えられるんですね。

例えば上記の例で、取引量を100万通貨にした場合、A社は1万円、B社は3,000円のコストになります。

B社の場合、100万通貨の取引をしても、まだ5,000円にも満たないコストです。

スプレッドの差は微々たるものと思っていませんか?

こうして積み重ねると、その取引コストに大きな違いが出るんです!

そっか!

やっぱりスプレッドは狭ければ狭いほど良いんだね!

確かに狭いほどコストが安く済むわね・・・スプレッドが変動しなければ。

例えば、FX会社が提示しているスプレッドで取引ができなかったらどうする?

実は、スプレッドにはまだ重要なポイントがあるのよ!

重要!原則固定スプレッドについて

FXのスプレッドは原則固定を選ぼう「原則固定スプレッド」とは、原則的には変動しないスプレッドのことです。

ひとくちにスプレッドと言っても、実は大きく分けて2種類あるんです。

それがこの「原則固定スプレッド」と、もうひとつ、「変動スプレッド」です。

「変動スプレッド」は、その名の通り変動します。

狭いときは狭いのですが、変動時に大きく広がりやすいといった特徴があります。

例えば、「0.5銭でスプレッドを提示していたのに、取引するときには1.5銭まで上がっていた」ということがあるんですね。

一方、原則固定スプレッドは、基本的には一定で、こちらの方が取引がしやすいと思います。

ただし、「完全固定」ではありません。

先ほどご紹介したように、流動性の低い時間帯や経済指標発表時にはスプレッドが広がる可能性もあります。

固定原則スプレッドのFX会社を選ぼう!

原則固定スプレッドは、流動性が高い時間帯では、ほとんど変動しません。

頻繁にスプレッドが変動していては、取引に集中できませんよね。

ですので、FX会社を選ぶ際は、原則固定スプレッドを採用しているところを選びましょう。

低スプレッドで、原則固定の会社を選ぶと良いわけだね。
現在は原則固定スプレッドを採用しているFX会社も多いわよ。

具体的にどのFX会社が原則固定なのか、またどのくらい狭いスプレッドを提示しているのか、見てみましょう。

各FX会社のスプレッド比較

この表を見てもわかる通り、スプレッドは通貨ペアによっても違いますが、上位3社は素晴らしいですね。

どの通貨ペアも業界最狭水準のスプレッドで、原則固定です。

マネックスFXの米ドル/円0.2銭というのも魅力的ですね。

みなさんも、FX会社を選ぶ際は、ぜひこの比較表を参考にしてみてくださいね。

ほとんどのFX会社が米ドル0.3銭原則固定のスプレッドなんだね!
国内FX会社は、海外FXと比べてスプレッドが本当に狭いのよ!

特にこの比較表の上位3社は、スプレッドも含め総合的に優れたFX会社だからオススメよ。

FXで勝つためにもスプレッドは重要?

FXのスプレッドの重要度は取引スタイルによっても違うまず大事なのは、FXで勝つためには、スプレッド以上の利益を出さなければいけないということです。

考えてみれば当たり前のことで、取引を始める際に手数料として支払っているので、その元が取れないと本当の利益にはなりませんよね。

ただ、ここまでご紹介してきた通り、現在は低スプレッドを提供しているFX会社が大変多いです。

スプレッドは狭ければ狭いほど利益も出しやすくなるので、一昔前より利益を出すことは比較的容易でしょう。

また、運用方法によっても、スプレッドを重視すべきかどうかが変わってきます。

スプレッドは、スキャルピングやデイトレードといった、比較的頻繁に取引をする人にとってはかなり重要な項目です。

取引回数が多い分、その都度かかるコストは安い方が良いですからね。

逆にスワップポイントを狙った長期運用の場合は、上記の運用方法よりも、そんなに気にしなくていいのかもしれません。

というのも、スワップ運用の場合は、1度ポジションを建ててしまえば、あとは時間をかけて数ヵ月~1年以上、じっくりと資金を育てていくからです。

FXで最も早く利益を出せるのはスキャルピングになりますが、この場合はスプレッドが狭い業者で口座開設をする必要がありますね。

デイトレード・スキャルピングで取引を検討している方は、スプレッドが狭いFX会社を選ぶことが鉄則だということを覚えておきましょう。

でも、基本的には、スプレッドは狭いに越したことはないよね。
FXにかかるコストは、基本的にこのスプレッドだけだものね。

しかも、低スプレッドを提供しているFX会社には、高スワップなところも多いのよ。

[kanren postid=”479″]

スプレッド0銭?そんなFX会社はあるのか

スプレッド0銭のFX会社はよく調べておくべき結論から言ってしまうと、スプレッド0銭~としているFX会社は、確かに存在します。

激しい価格競争から、ついにそんなFX会社まで出てきたんですね。

皆さんは、この話、おいしいと思いますか?

それとも、「何か裏があるに違いない」と思うでしょうか?

そうですね、スプレッドはFX会社にとっての利益になるのに、0にしちゃったらどうするの?と思いますよね。

はい。これには裏があります。

スプレッド0銭を謳っているFX会社は、それとは別に手数料を設けていることが多いんです。

また、全ての通貨ペアではなく、メジャーな通貨ペアのみ0銭にしていることもあります。

さらに、変動スプレッドである可能性も高いです。

スプレッド0銭を謳い顧客を集めるためですね。

スワップポイントの一部を手数料として徴収していることもあります。

強制ロスカットに手数料を設けていることもあります。

・・・みなさん、スプレッド0銭のFX会社を見つけた時は、しっかりとその会社を調べてくださいね。

FX会社もビジネスですので、どこかで利益になるような仕組みを作っているはずなんです。

スプレッドだけに目を向けるのではなく、安全性や信頼性などが有るかどうかも、ちゃんとチェックしましょう。

私としては、やはり先ほど比較で紹介したように、国内FX会社の大手で取引するのが、コストの安さ・安全性・信頼性・安心感があって良いと思いますよ。

スプレッド0銭にはそんな罠が!

僕はとにかくあらゆる面で安心できるFX会社を選ぶことにします。

スプレッドとは別に手数料を設けている会社よりも、スプレッドのみがコストのFX会社の方が、安く済むことが多いわよ。

もしスプレッド0銭の会社で口座開設がしたいと思っても、十分に下調べをしてね。

なるべく損を抑えるために注意してほしいこと

FXのスプレッドは取引量に比例するなるべく損を抑えるために注意すべき点は、利益が出る状況以外ではエントリーしないということです。

先ほど、短期売買ではスプレッドは重要だと説明しましたが、無駄な取引はしないようにしましょう。

短期売買だからといって、利益になるかどうかもわからないのに、エントリーしまくって取引回数を増やすと、大損になる可能性もあります。

取引している通貨ペアのレートが、それほど上がらないような状況では、スプレッドだけで損をするだけでなく、為替差益でも損をする可能性もあります。

さらに、ここまで読んでくださった方はわかると思いますが、スプレッドは取引量に比例します。

もし取引量を増やして、負けまくってしまった場合はそれだけ損失も大きくなります。

ですので、「利益が出せる」とわかった状況でのみ、エントリーすることをオススメします。

「利益が出せるかどうかわからないけど、とりあえずエントリーしたい」といった場合は、取引量を減らすようにしてください。

FXはギャンブルではないと考えている私としては、そのような取引はやめてほしいところですが・・・。

これからFXを始める初心者の方は、焦らないように、確実に利益を狙っていきましょうね!

今回はFXでも重要なスプレッドについて勉強できた!
FXで取引するなら、まず覚えておいた方が良い用語ね。

今回はその性質や利用の仕方がよくわかったんじゃない?

初心者の人も、このスプレッドについて、まずは正しく理解しておいてね。

FXのスプレッドのまとめ

FXのスプレッドのまとめ

  • スプレッドは実質的な手数料
  • 「pips」と「銭」の単位を覚えておこう
  • FXは外貨預金よりも遥かに手数料が安い
  • スプレッドが変動する状況を知ろう
  • FX会社によって設定しているスプレッドが異なる
  • 原則固定は完全固定ではない
  • 各FX会社のスプレッド比較表を参考にしよう
  • 短期売買ではスプレッドは超重要
  • スプレッド0銭のFX会社は他で手数料を徴収している
  • 損を抑えるために無駄な取引は避けよう

手放しで利益が貯まる?FXのスワップポイントとは金利差額の事

0
FXのスワップポイントとは?

スワップポイントとは?金利差で利益を出す運用方法

FXのスワップポイントとは金利差額の事

スワップポイントとは、2つの通貨の金利差の事です。

FXでは、為替差益とこのスワップポイントの2通りの方法で利益を得ることができます。

各国の通貨には、それぞれに金利が付きます。

その金利は国が独自に定めており、そのことを「政策金利」と呼びます。

金利はその通貨(または国)によって異なっており、取引している通貨ペアの金利差が大きければ大きいほど、利益にも大きくなるんです。

例えば日本円の金利は0.1%で、各通貨に比べても特に超低金利なんです。

逆に高金利として人気なのが、豪ドル(オーストラリア)やNZドル(ニュージーランド)で、FXでは比較的よく取引が行われている通貨です。

豪ドルは1.5%、NZドルは1.75%となっています。

金利差で利益を得る取引なんだね。

日本が低金利ということは、多くの通貨ペアで利益を出せるということかな?

そうね。

日本より金利の低い通貨は、あまりないわね。

あったとしても、結構マイナーな通貨だったりするのよ。

でも、日本でも昔は金利が10%近くまで上がったこともあったのよ。

FXのスワップポイントは外貨預金よりも有利!

FXのスワップポイントが外貨預金よりも有利

スワップポイントは、外貨預金よりも有利な点がいくつもあります。

どちらも同じように長期的に外貨を保有して金利を受ける資産運用です。

しかし、現在は外貨預金よりもFXのスワップポイントを利用した運用をする方が増えています。

圧倒的に手数料が安い

FXのスワップポイントはコストが安いまず、FXの方が外貨預金よりも有利な点は、手数料の安さです。

例えば米ドルの場合、外貨預金だと1ドルに対して往復で2円程度の手数料がかかります。

米ドルを日本円で1万通貨買いたい場合、2万円もの手数料がかかってしまいます。

これがFXの場合だと、ドル円の往復でも0.3銭ほどしかかかりません。

これは、銀行の外貨預金より、600倍以上も安いんです。

価格変動が常時

FXのスワップポイントの方がチャンス大FXのスワップポイントは、常に価格が更新されます。

外貨預金の場合は、1日に1回しか更新されません。

より有利なレートで取引するためにも、FXのほうが断然チャンスが多いんです。

取引が24時間可能

FXのスワップポイントは24時間取引ができるFXは平日24時間、いつでも取引ができます。

外貨預金は銀行の営業時間内でしか取引ができません。

そのため、会社員をしながら副業で夜間に取引をするような方にとっても、FXの方が便利だと言えます。

全体的にFXで取引をした方がお得なんだね。

外貨預金をしてる人はスワップ運用に切り替えた方が良さそうだね。

しかもFXなら取り扱っている通貨ペアの数も多いから、より高金利な通貨の取引ができるのよ。
[kanren postid=”467″]

毎日もらえるのが魅力!FX市場がお休みの日にも

FXのスワップポイントは毎日付与される

スワップポイントはポジションを保有していれば、毎日付与されます。

基本は年ベースで算出されるのですが、それをさらに日割りで換算されます。

ポジションを保有している日数が長ければ長いほど、どんどんスワップポイントが貯まっていくわけですね。

ポジション持越し!「ロールオーバー」

FXのスワップポイントはポジション持越し時に発生ポジションを持ったまま翌日に持ち越すことを、「ロールオーバー」と呼びます。

スワップポイントは、作ったポジションを翌日以降に持ち越す際に発生するんです。

ロールオーバーは、日本時間で午前7時ニューヨーク市場のクローズ時点で行われます。

スワップポイントが3倍!木曜日が狙い目

FXのスワップポイント3倍デーがお得スワップポイントは、毎週木曜日には3日分加算され、そのことを「スワップ3倍デー」と呼びます。

というのも、スワップポイントは外国為替市場が休みの土・日曜にも発生するからです。

通常、FXでは取引完了の2営業日後に受け渡しがされる仕組みになっています。

水曜日にポジションを保有した状態で、ニューヨーク市場のクローズ時間を超えると、木曜日の2営業後は翌週の月曜日です。

したがって、土日をまたいだ3日分のスワップポイントを受け取ることができるんです。

ポジションを保有しているだけで、毎日スワップポイントがもらえるんだね。
その毎日もらえるということが、スワップポイントの魅力よ。

でも気を付けてほしいことがあるの。

スワップポイントは毎日変動して、マイナスになるときは支払わなければならないのよ。

マイナスになる場合に注意!それは支払うということ

FXのスワップポイントは支払うこともある

スワップポイントは、マイナスになる場合はこちらが支払うことになります。

前項目までは、スワップポイントがもらえる場合で紹介しましたが、これは金利差がプラスになっている状態です。

例えば、日本円(金利0.1%)と豪ドル(金利1.5%)とした場合、豪ドルを売りに日本円を買う取引をすると、金利差がマイナスになります。

【0.1%-1.5%=-1.4%】

つまり、1.4%の金利差を支払うという事です。

基本的には高金利通貨を売って低金利通貨を買うと、スワップポイントがマイナスになるということを覚えておきましょう。

これはスワップ3倍デーにももちろん適応されてしまうので、その場合は支払う金利差も3倍となってしまいます。

また、スワップポイントは毎日変動します。

金利はあまり変化しないというようなイメージを持っている方はご注意くださいね。

さらに相場が急変するようなことがある場合、プラスだったスワップポイントがマイナスに転じることもあります。

金利差がマイナスの場合、ポジションを保有し続けたらどんどん支払う額も大きくなっちゃうね!
それに世界や各国の経済状況によって政策金利は変わるものなの。

特に発展途上国は政治が安定していない分、その通貨の価値がなくなってしまう可能性もあるわ。

そこの通貨で取引するには十分に注意する必要があるのよ。

スワップポイントの運用は中長期が基本

FXのスワップポイントは中長期運用が基本

スワップポイントを狙った運用は、中・長期で行うのが基本です。

1日あたりのスワップポイントは、各FX会社が独自にその値を決めています。

例えば、豪ドル/円を1万通貨保有した場合、1日に付与されるスワップポイントが50円だったとします。

この場合、1日しか保有せずに取引を完了してしまうと、50円の儲けにしかなりませんよね?

しかし、これを1年間保有し続けるとどうなるでしょうか?

【50円×365=18,250円】

このように、18,250円の利益になるわけです。

これがもっと高金利の通貨である場合、1日に付与されるスワップポイントも大きくなります。

つまり、短期間での取引で得られる利益は微々たるものですが、運用期間が長ければ長いほど、利益も膨らんでいくことになります。

スワップポイントは、ポジションを保有しているだけで利益を得られます。

最初にポジションを作ってしまえば、あとは基本的に何もしなくても良い取引です。

もちろん先ほどご紹介したリスクもありますが、のんびり中・長期の運用がしたい方にはピッタリの取引方法ですね。

為替差益を狙った取引とは違って、じっくりと利益を膨らませていくんだね。
黙っていても自動的に毎日利益が重なってく。

それがスワップポイントの魅力ね。

セカセカと頻繁に作業をしなければいけない取引が苦手な人には、スワップ運用がオススメよ!

スワップ狙いでの取引は、どの通貨ペアがオススメ?

FXのスワップポイントでオススメの通貨ペア

今最も注目を集めている高金利通貨は、「トルコリラ」です。

スワップ運用を検討しているのなら、今は特にトルコリラ/円での取引がオススメです。

金利8.0%!トルコリラ/円がアツイ

FXのスワップポイントはトルコリラがアツイトルコの政策金利は8.0%と、各通貨ペアの中でも最も高金利の通貨です。

各FX会社によって違いますが、1万通貨保有した場合、1日に付与されるスワップポイントは、80円~100円ほどとかなり高水準です。

例えば、1日のスワップポイントが100円だった場合、これを10万通貨保有したとします。

すると1日あたりのスワップポイントは1,000円です。

1ヵ月(30日)で30,000円。

1年間(365日)保有すると、なんと365,000円!

同じく高金利通貨ペアで人気の高い豪ドル/円で、同じ条件で取引した場合は1年間で21,900円です。

トルコリラ/円は、その16倍以上にもなります。

また、トルコは中東で最大の経済規模を誇り、金融システムも安定しています。

リーマンショックの時でも金融機関の破綻が発生しないほどの高い健全性があります。

そのため、このトルコリラ/円の取り扱いを開始し、力を入れているFX会社も増えてきています。

安全性・高利益を考えても、トルコリラで取引するのがオススメです。

豪ドルもFXで人気の通貨だけど、それよりも圧倒的に利益が大きいのがトルコリラなんだね。
ちなみにメキシコペソ南アフリカランドも高金利通貨として有名ね。

ただ、1万通貨保有した場合の、1日あたりのスワップポイントは15円前後なの。

そのことを考えると、同じ高金利通貨でもトルコリラの方が断然お得だわ。

レバレッジをかけてさらに利益アップ!

FXのスワップポイントはレバレッジ1~2倍くらいが良い

スワップポイントも、レバレッジをかけた運用が可能です。

レバレッジは証拠金の25倍程度まで取引ができる、FX最大の魅力ですよね。

前項目で紹介したトルコリラ/円での取引を例にしてみましょう。

  • 1日のスワップポイントは100円
  • 20万通貨保有
  • レバレッジ2倍
  • 元手金300万円

単純に考えて、利益が2倍になるわけですね。

1年後には【36.5万円×2】ですので、73万円の利益が出ます。

「せっかくレバレッジ25倍までの取引ができるなら、もっとレバレッジをかければいいじゃん!」

そう思われた方いますか?

そうですよね、普通に考えたら、レバレッジを多くかけた方がもっと大幅な利益増大に繋がると思いますよね。

例えば上記の例で、レバレッジを10倍にすると、年間のスワップポイントは360万円にもなります。

そうなると、もう金利収入だけで生活できるレベルですよね。

しかし、レバレッジはかければかけるほど、ロスカット(強制決済)されるリスクが高まります。

レバレッジが2倍の場合でも、為替レートが半分になってしまえばロスカットです。

これが3倍になったら30%の下落でロスカットです。

初心者の方には、このリスクを考えると、レバレッジをかけた取引はあまりお勧めできません。

できるなら1倍、多くても2倍程度で取引していただきたく思います。

3倍以上になると、なかなか危険なニオイがプンプンです。

リスク管理に絶対の自信があるなら、レバレッジが何倍だろうと関係なく儲けられるでしょう。

金利収入だけで生活できるのは魅力だけど、ロスカットのリスクを考えると、なかなか難しそうだね。
レバレッジを10倍にもしてしまうと、レートがたったの10%下落しただけでもロスカットされてしまうわ。

こういった取引は、初心者の人には無謀と言えるわね。

スワップ運用でオススメのFX会社は?

FXのスワップポイントでオススメのFX会社

スワップポイントを狙った取引をするうえで、私がオススメだと思うFX会社は、「GMOクリック証券」「YJFX!」です。

スワップポイントは各FX会社によって様々な値に設定されています。

その中でも、高い水準でスワップポイントを提供しているのが、この2社です。

業界大手!GMOクリック証券

スワップポイントでオススメのGMOクリック証券

GMOクリック証券は、高水準のスワップポイントを提供しているほか、トルコリラ/円南アフリカランド/円といった高金利通貨ペアにも力を入れています。

GMOクリック証券のスワップポイント

手数料、スワップ、取引ツールが高スペックで、初心者の方にもFXを始めやすい環境が整っています。

また、保有しているポジションを決済することなく、スワップポイントのみを受け取ることも可能です。

FX会社選びに困ったら、まずはここで検討してみると良いでしょう。

総合的に優れた、バランスの良いFX会社です。

GMOクリック証券

ヤフーグループのYJFX!

FXのスワップポイントでオススメのYJFX!

YJFX!は、各通貨ペアが全体的に高水準です。

こちらはトルコリラ/円の取り扱いは無いものの、中国人民元や香港ドルといった、比較的珍しい通貨も取り扱っています。

取り扱い通貨ペア数はGMOクリック証券よりも多いので、取引の幅が広がります。

1,000通貨単位での取引が可能なので、少額で始めたい方にもオススメです。

また、YJFX!で取引をすると、Tポイントが貯まるサービスも提供しています。

YJFX!
スワップポイントで選ぶなら、まずはこの2社で検討すれば良いんだね!
どちらにも共通しているのは、初心者の人にとっても利用しやすいということよ。

安全性や信頼性もある優良FX会社だから、総合的に見てもオススメよ。

スワップポイントカレンダーを確認せよ!

FX会社のスワップポイントカレンダーを見てみよう各FX会社は、それぞれスワップポイントカレンダーを作成しています。

業者によって提示しているスワップポイントは異なるので、各社のホームページでこのカレンダーを確認しましょう。

毎日変動するスワップポイントですので、カレンダーも毎日更新されています。

参考までに、先ほど紹介したGMOクリック証券とYJFX!の直近のスワップポイントを掲示しますね。

GMOクリック証券(FXネオ)

  • 米ドル/円

GMOクリック証券の米ドル/円のスワップポイント

  • 豪ドル/円

GMOクリック証券の豪ドル/円のスワップポイント

  • トルコリラ/円

GMOクリック証券のトルコリラ/円のスワップポイント

[aside type=”normal”]上記の表は、左から順に「発生日」「入出金日」「売スワップ」「買スワップ」「付与日数」となります。[/aside]

YJFX!

YJFX!のスワップカレンダー

あれ?売スワップと買スワップの値が違うのはなんでだろう?
良い所に目を付けたわね。

スワップポイントの売値と買値の差は、FX会社にとっての手数料となるのよ。

この2社はかなり差額が小さいけれど、中には数十円以上の差額で設定しているFX会社もあるわ。

スワップ運用を始めるのなら、できるだけ売りと買いの差がないFX会社を選ぶといいわね。

確定申告の必要もある!FXでの収益にも税金がかかります

FXのスワップポイントにも税金がかかるということを忘れずにFXで取引をすることによって発生する利益は、所得税(雑所得)の対象です。

もちろん、スワップポイントもその中に含まれます。

ただし、未決済ポジションについてかかるスワップポイントについては、基本的には課税対象から外れます。

ポジションを決済した際にスワップポイントを付与するFX会社の場合には、上記のことが適用されます。

しかし、毎日スワップポイントが口座に反映されるタイプのFX会社の場合、収益が確定されたことになります。

したがって、その年に受けたスワップポイントの合計額が、課税対象となります。

後者の場合、為替差益とスワップポイントの合計利益が、年間20万円以上の場合は確定申告が必要です。

これはサラリーマンなどの給与所得者がFXでの収益を出している場合です。

一方、個人事業主や給与所得者以外は、年間の利益が38万円以上の場合に確定申告をする必要があります。

高金利通貨ペアでスワップ運用をしていると、年間20万円以上の利益は割と簡単に出てしまいます。

ですから、確定申告をし忘れていたなんてことのないようご注意くださいね。

一定以上の利益があった場合は、必ず確定申告を行わなければならないんだね!
利益が出ているのにもかかわらず確定申告を怠ると、脱税行為とみなされてしまうこともあるわ。

また、損失を出した場合も、3年間の繰り越し控除ができるから、確定申告をした方が節税になるわよ。

FXのスワップポイントのまとめ

FXのスワップポイントまとめ

  • スワップポイントとは、金利差額の事
  • スワップポイントは外貨預金よりもメリットが多い
  • スワップポイントは毎日付与される
  • マイナスになる場合は支払う
  • スワップ運用は中・長期が基本
  • スワップ狙いならトルコリラ/円がオススメ
  • レバレッジは1~2倍に抑えておく
  • スワップ運用ならGMOクリック証券YJFX!がオススメ
  • 各FX会社のスワップポイントカレンダーを確認しよう
  • FXの収益には税金がかかる

FXとは?少ない投資金額でも利益を出せる?お金を育てる資産運用

0
FXとはお金を育てる投資活動

そもそもFXとは?

FXとは、「外国為替証拠金取引」のことです。

英語で「Foreign Exchenge」と呼び、その略称がFXです。

日本では、外為(がいため)と呼ばれることも多いですね。

FXを簡単に言うと、投資方法のひとつなんです。

投資には、株式や不動産や金などさまざまな種類があります。

FXは、お金に対して投資をします。

この記事では、これからFXを始めようという初心者の方のために、FXの具体的な魅力やリスク、気を付けるべき点などをご紹介していきます。

FXについて、このページでしっかりと学んでいってね!

FXってギャンブルのこと?

FXとはギャンブルの事ではない

FXとは、ドルやユーロなどの外国通貨を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

外国為替証拠金取引と言われても、なんだか難しく感じてしまいますよね。

わかりやすく説明していきますのでご安心ください。

各国には、それぞれの「円」や「ドル」などの通貨があります。

FXでは、通貨を交換して利益をえます。「両替」をイメージしていただけるとわかりやすいです。

FXは、その通貨の価値が上がるか、下がるかを予測して取引をしていきます。

たとえば、日本円からアメリカドル(米ドル)へ両替し、その後時間をおいて、今度は米ドルを日本円に両替する、という取引をします。自分の持っている通貨の価値が上がれば、利益が出ます。

FXとは通貨と通貨を交換・売買すること

通貨の交換で生じる利益を狙い取引をしていくのが、FXで稼ぐ仕組みとなっています。

上がるか・下がるかの予測というと、なんだかギャンブルのように聞こえるかもしれません。しかし、FXはギャンブルではありません。

冒頭でも説明したように、FXは投資です。

ギャンブルのように運任せで取引をしていくものではありません。

そのため、FXで利益を上げるためには、経験に裏付けされた知識・技術が必要となります。

決して、ギャンブルのように運任せで取引をしないでください。

ギャンブル感覚でFXをすると、痛い目に合うわよ!

きちんと利益になるかどうかを見極めて取引していきましょう!

FXの目的は為替差益を狙う事

FXとは為替差益を狙った取引のこと

先ほどもお伝えした通り、FXでの目的は、取引した2通貨間で「為替差益」を狙うことです。

たとえば、米ドルを1ドル120円で買ったとします。この場合、日本円と米ドルを取引した、ということになります。

このように2国間の通貨を取引するときの価格や相場のことを、「為替レート」と呼びます。

FXとは?為替差益の具体例

その後しばらくして、米ドルの価値が1ドル125円まで上がりました。

その時、両替した1ドルを、また日本円に両替します。

FXとは?為替差益の具体例

すると、5円の利益が発生したことになります。

これが為替差益です。

逆に、米ドルの価値が115円になっていた場合には、5円の損失になるということです。

実際のFXでは、もっと大きな額で取引しますが、基本的な考え方は上記の通りです。

では、今度はもっと大きな額で考えてみましょう。

為替レートが1ドル100円のとき、1万ドルを買ったとします。

つまり、米ドルに100万円投資したということですね。(のちに米ドルの価格が上がると予測)

その後米ドルの価値が1ドル120円まで上がりました。

その時に、また両替をした1万ドルを日本円に戻すと、いくらになるでしょうか?

120円×1万=120万円。

120万円-100万円=20万円。

この場合、なんと20万円の利益が出ました。

1ドル分だけの取引だと20円の儲けにしかなりませんが、FXではこのように、まとまった数量で取引していくため、大きく稼ぐことが可能です。

ただし、為替レートが逆の場合は、同じように20万円の損失が発生してしまうことになります。

おぉ!これは凄い!ということは、もっともっと大きく投資すれば、利益もどんどん上がっていくわけだね!
ちょっと待った!確かに大きな額を投資すれば、勝ったときにはかなりの利益になるわね。

でも、FXはいつも勝てるとは限らないのよ!

負けた時はその分大きな損失を招くことになるの。

そう簡単に稼げる世界ではないのよ。

FXはどこで行うの?証拠金って何?

FXとはインターネット上で取引ができる

FXは、インターネット上ですべての取引が完結できます。

FXを行う際は、まず「FX会社」にFX専用の口座を開設する必要があります。

口座開設は、各FX会社の公式ホームページから、インターネットで申し込めます。口座開設をすると、IDやパスワードを設定し、取引が開始できるようになるわけです。そのFX会社を通じて、インターネット上で取引をしていくんですね。

FX会社にはそれぞれ特徴があり、サービス内容もざまざまです。自分のライフスタイルや投資スタイルなどを考慮して、相性の良いFX会社で口座開設をすると良いでしょう。

FX会社選びは慎重に行ってくださいね。どの業者で口座開設をするのかによって、今後のFXライフを大きく左右します。なお、海外のFX会社は日本語に対応していないことが多いので、初心者は国内のFX会社を選ぶ方がいいです。

FXには「証拠金」が必要

FXとは証拠金が必要FX会社で口座開設をする際には、一定の資金を担保として、口座に預け入れる必要があります。この担保金を「証拠金」と呼びます。

最初に担保金として預けた資金は、「取引証拠金」として扱われます。実際の取引に必要な証拠金の額は、それぞれのFX会社が自由に決めています。

取引額に比例し、最低限必要とする預託金のことを、「必要証拠金」と呼びます。

また、取引をして為替差益が出た場合、その損益分が取引証拠金に反映されます。

利益が出た場合はプラスされて、損失が出た場合はマイナスされる、ということですね。

このときに保有している証拠金のことを、「有効証拠金」と呼びます。

担保金から、必要証拠金を使い取引していくのよ。
FX会社に預ける担保金の範囲内で取引をするということなんだ。

FXの魅力とリスク!「レバレッジ」という仕組み

FXとはレバレッジが魅力「レバレッジ」とは、証拠金の数倍~25倍の金額で取引ができる仕組みです。なお、レバレッジとは、テコのことです。

FXは他の投資とは違い、少額で大きな取引ができるレバレッジという魅力があるんです。

FXが人気の理由は、このレバレッジがあるからです。

たとえば、1ドル120円の時に、1万ドルを取引するのには、120万円の資金が必要です。銀行に外貨預金をする場合はその資金が必要です。

それに対して、FXはレバレッジを利かせれば、遥かに少ない資金で取引が可能なんです。試しにレバレッジを25倍で取引した場合で考えてみましょう。これは、証拠金の25倍の金額で取引ができるということになります。

つまり、120万円÷25=48,000円。

ですので、レバレッジをかければ、1万ドルを取引するのに必要な証拠金は、48,000円で済むことになります!

FXとは?レバレッジの仕組み

このように、FXではレバレッジをかければ、持っている以上の大きな金額を動かすことができます。

為替レートが少し動いただけでも、損益に与える影響は大きいです。

ただし、ここで注意してほしい点があります。

それは、レバレッジをかけた取引は、ハイリターンハイリスクでもあるということです。

前項目でも紹介した通り、為替レートが自分の思惑と反対に動いてしまった場合、レバレッジをかけて取引をしていると、大損になってしまいます。

損失が証拠金を大きく上回ると、借金の可能性も出てきます。

初心者の方は、そのような大失敗を犯さないためにも、知識を学び、身の丈に合った取引ができるようしっかりと事前準備をしておきましょう。

なるほど。レバレッジをかけるのは、リスクを伴う取引なんだね。
そう。

リスクを回避するためにも、取引を学ぶ必要があるのよ。

儲けられそうだからという理由だけで、安易にレバレッジをかけるのは、とっても危険!

FXのもうひとつの稼ぎ方「スワップポイント」

FXとは金利差でも利益が出る

FXには、「金利差」で利益を出すこともできます。金利差で得た利益を「スワップポイント」と呼びます。

FXでの利益の出し方は、先ほどご紹介した為替差益と、このスワップポイントの2通りがあります。

それぞれの国の通貨には、「金利」というものが付いています。

金利はその国々によって異なり、例えば日本の場合は0.1%です。(日本は超低金利!)

金利の異なる2国間の通貨を取引すると、金利差が発生しますが、これがスワップポイントです。

スワップポイントは基本年ベースで算出されますが、FXの場合はさらに日割りで換算してくれます。

では、その金利差を狙った取引の具体例を挙げてみましょう。

FXで高金利通貨として人気のオーストラリアドル。(豪ドル)

オーストラリアの金利は2.5%で、日本との金利差は2.4%です。

FXとは?豪ドルと日本円の金利差例

この豪ドルを1万通貨買うと、毎日60円程度のスワップポイントを受け取ることができます。

これを1年間保有すれば、約21,900円になります。

外国は日本よりも金利が高いことがほとんどですので、スワップポイントを目的とした取引もFXの大きな魅力となっています。

為替差益は短期間での取引でも、頻繁に行えば多くの利益を出せる可能性がありますが、スワップポイントは基本的に中・長期運用となります。

毎日スワップポイントを受け取ることができるのは嬉しいですが、たった1日だけの取引だと数十円の儲けにしかなりません。

じっくり時間をかけて、「お金を育てる」ような感覚で取引をするのが、スワップポイントでの運用なんですね。

ただし、スワップポイントは毎日変動するものなので、いつも同じ金利差額をもらえるとは限りません。

高金利通貨を保有していたとしても、マイナスに転じることもあるので注意が必要です。

良い運用方法かと思ったけど、やっぱりリスクはつきものなんだ・・・。
FXは投資なので、リスクは付いて回るわ

初心者が失敗しがち!自己破産も?FXの怖いリスク

FXとはリスクも当然ある
FX初心者の方には、特にありがちな失敗例があります。

それは、「損切り」ができないということです。

「損切り」とは、含み損が発生しているときに、保有しているポジションを決済し、損失額を確定させることです。

つまり、これ以上損失額を増やさないように、見切りをつけるということですね。では、なぜ初心者の方は損切りができないのでしょうか?それは、「待っていれば、持っている通貨の価値が上がって、損失がなくなるんじゃないか?」と楽天的に考えてしまうからです。

ただ、楽天的に考えたところで、持っている通貨の価値が上がるとは限りません。証拠金がゼロになるどころか、下回って借金をするという事態にもなりかねません。

極端な話ですが、最悪の場合、自己破産という選択を取らざるをえなくなってしまう可能性もあります。

損切りしなくちゃと分かっていても、損切ってなかなか難しそう
そこは、初心者から卒業するための壁だと思ってみて
ところで、証拠金が危うくなっても、FX会社からは何の連絡も来ないの?
いいえ。

証拠金がマイナスになるほどの損失は、FX会社にとっても良くないもの。

ある程度まで証拠金がなくなると、FX会社からは連絡が来るようになっているわよ

最低限の資産を守る!証拠金維持率とロスカット

FXとは損切りができることが大事

証拠金維持率とは、取引状況がどのくらい危険か、あるいは安全かを示す水準です。

この数値が高ければ高いほどより安全だと言えますし、逆に低ければ低いほど危険だということになります。

証拠金維持率は、次の計算方法で算出できます。

【証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100】

例えば、米ドルが1ドル100円のときに、1万通貨(1万ドル分)を買ったとします。

レバレッジは10倍、必要証拠金が100,000円とします。

このときFX口座に15万円を入金しています。

これを上記の計算式に当てはめると、

【150,000円÷100,000円×100=150%】

つまりこの場合、証拠金維持率は150%となるわけです。

各FX会社は、この証拠金維持率が、自社の定めた水準以下になった場合、証拠金の追加入金を促す警告を出します。

この警告の事を「ロスカットアラート」や「マージンコール」と呼びます。

重要なのは、この警告が来た時に、速やかに証拠金を追加して損切りを行うということです。

ロスカットアラートは、FX会社が投資家に対して、「危険な水準で取引をしていますよ」とお知らせしてくれる、大事なシステムなんです。

また、この警告を無視して取引を続けると、「強制ロスカット」と呼ばれる、強制決済が執行されてしまいます。

含み損が大きくなりすぎてしまっている場合、不足金が発生するのを防ぐために強制決済が行われるわけです。

つまり、ロスカットアラートも強制ロスカットも、私たちの最低限の資産を守ってくれる仕組みなんですね。

この仕組みがあることによって、負債を抱えてしまうリスクを回避できるんです。

ちなみに、ロスカットアラートは証拠金維持率が100%以下、強制ロスカットは証拠金維持率が50%以下となる場合に執行されるFX会社が多いようです。もちろん、各FX会社によってその水準は違いますが、ある程度の目安として覚えておきましょう。

なぁんだ、じゃぁ大丈夫じゃない!証拠金がなくなるなんてことがないような仕組みがちゃんとあるんだ!
そうとも限らないわよ?

為替レートが急激に動いた場合、強制ロスカットが間に合わないこともあるの。

レートが強制ロスカットの水準を大きく離れてしまうと、証拠金以上の損失が発生することもあるのよ。

大事なのは、ロスカットされる水準での取引はしない事

FXとはリスク管理が超重要

ロスカットの危険性がある水準で取引を行っているような投資家は短命です。

なぜなら、リスク管理が甘いと、すぐにFXから退場になってしまうからです。

損切り出来ずにいつまでも無茶な水準で取引していては、いくら資産があったって足りません。

頻繁にロスカットされているという事は、リスク管理が甘い証拠です。

先ほど相場が急に動いたときはロスカットが間に合わないこともあると説明しましたが、相場急変時には自殺者が出るという事も耳にします。将来を信じて投資活動を始めたはずが、そのようなことになっては嫌ですよね。

FXで利益を出し続けているトレーダーは、必ずと言っていいほどリスク管理に徹底しています。

ですからこれからFXを始めようという方は、リスク管理について学びましょう。

リスク管理はFXにおいての肝と言っていいほど、ものすごく大切です。

逆にリスク管理ができるようになれば、FXで勝てる可能性もグッと高くなります。

なるほど。利益を出すことばかりを考えがちだったけど、リスク管理ができないと金銭的にも精神的にも良くないよね。
その通り。

リスク管理ができない人が、借金をしたり自己破産をしたりしてしまうのよ。FXから退場になるだけではなく、人生そのものも狂ってしまうの。

FXで勝つためには・・・

FXとは知識・経験が必要

FXで勝つためには、まずはFXの知識を徹底的に吸収しましょう。

誰でも最初から負けるつもりでFXを始めようとは思わないはずです。

もう一度言いますが、FXはギャンブルではなく「投資」です。

投資は、様々な分析をし、資産をしっかり守り、適切なリターンを得ることが目的です。

そのためにはしっかりとした準備が必要です。

投資の世界は覚えることがたくさんあります。しかし、冒険をする前の装備品集めだと思って、確実に知識を吸収しておきましょう。

今回は、FXについて本当に基本中の基本の事だったね。まだまだ学ばなきゃいけないことはたくさん!
そうね、何事も基本が大事よ。

それに投資は弱肉強食の世界。

しっかり力を付けていかないと、勝てるトレーダーにはなれないわ。

どこの世界でも同じことだよね。

努力して実力を付けた人が、勝てるトレーダーになるんだね。

一流は一定のレベルでの取引を続けることができるの。

それは経験と知識に裏付けされた実力があってこそなせる業よ。

FXとは?のまとめ

FXとはのまとめ

最後にFXについて、おさらいをしておきましょう。

  • FXとは外国為替証拠金取引のこと
  • FXとはギャンブルではなく投資のこと
  • FXの目的は為替差益
  • FXはインターネット上で取引をする
  • レバレッジで証拠金以上の取引ができる
  • スワップポイントも稼ぎ方の一つ
  • 借金や自己破産の可能性もある
  • ロスカットで最低限の資産が保証される
  • ロスカットを受ける水準での取引はしないこと
  • FXで勝つためには十分な知識と経験が必要
[aside type=”normal”]本ページで使用しているキャプション画像は、全て外為オンラインから引用したものです。[/aside]

[btn class=”rich_pink”]外為オンラインの詳細はこちら[/btn]