内職

デコラティブ流行りの現代だからこそ内職業務はまだまだある!

『内職』と耳にして思い浮かぶのは、昔からある封筒作成や封筒へのシール貼り、宛名書き、手作業の仕事など。

いずれも、在宅でコツコツと取り組むものです。

こうして業務内容をあげてみると、『内職=在宅ワーク』と思っている人もいるでしょうが、実は違います。

共通点は、どちらも自宅で業務を行うこと。では、副業と在宅ワークはなにが違うのでしょうか?

今回は、内職とはどんな業務かをご紹介します。

内職とは?

家内労働のこと。家内労働法という法律が制定されており、これによって家内労働者は労働環境を守られています。

在宅ワークとの大きな違いは、法律制定の部分がもっともなひとつです。

家内労働法で、『委託を受け、物品の製造や加工などに従事する業務者』と定義がされており、具体的な仕事内容は冒頭でも記した、昔ながらの封筒作成や宛名書き、シール貼り、筆耕など手作業を必要とする業務が主となっています。

企業側は内職を委託する場合、毎年、労働基準局に委託状況届を提出する必要があることと、付随して家内労働者ごとの帳簿を備え付けなくてはならないことが法律で定められています。

また、家内労働者には委託者から家内労働手帳が交付され、業務を行うたびに手帳の注文伝票に内容記載が義務づけられています。

法律により細かいルール決定がされているのが内職です。

内職の報酬は『工賃』が正式名称

報酬の面でも、内職は在宅ワークとは大きく違います。

家内労働者は家内労働手帳に注文伝票を記載していき、委託者は物品受領から1か月以内に支払う取り決めがなされています。

内職の報酬のことは『工賃』が正式名称です。

この家内労働手帳が非常に重要なもので、あらかじめ1か月の締日で区切られていることと、手帳のやりとりにより内職者・委託者の双方が業務を管理することが可能です。

手帳と呼ばれてはいるものの、位置づけ的には受注書・発注書・納品書・受領書のすべての役割を担っています。

報酬は期待できない……驚くほどに工賃が安い内職業務

副業でガッチリ報酬を得たいという人にとって、内職はあまりおすすめできるものではありません。

なにしろ、受注単価が低い。平均時給は500円弱と言われており、法律が制定されているおかげで作業環境は守られているものの、肝心の報酬が安すぎるため『割にあわない』と感じて続けられなくなってしまう人が多いようです。

ただし、手先が器用で、在宅でコツコツと取り組むことが苦でないようであれば、副業として内職でお小遣い稼ぎをすることはおすすめです。

在宅ワークなどでは目にすることがないような、手作業系業務の充実度は内職業務に勝るものはありません。

特にこの数年、デコラティブ流行りのため、デコアートのような細かい作業も発生します。

内職業務は自治体が求人からすべて窓口として担当する 内職をはじめたい!と思い立ったら、まずは居住地の区役所や市役所の斡旋担当窓口へ相談しにいきましょう。この点も、在宅ワークとの大きな違い。在宅ワークが、企業・個人問わずクライアントからの直接依頼であることに対し、家内労働法が制定されている内職業務は、求人にもすべて国の管轄下の組織が窓口を担当するのです。

内職斡旋担当窓口に出向くと、家内労働者への業務依頼をしている受託者(クライアント)を紹介してもらえます。

どういう業務をしたいのか?どのくらいの作業時間を確保できるのか?

その結果マッチングしている案件はあるかどうか?など、かなりの多岐に渡って相談にものってくれます。

ピッタリの内職に出会えるように、どんどん相談してみるようにしましょう。

内職で募集している主な業務内容

現在のところ、内職案件として依頼が発生しやすい業務はこちらです。

*宛名シール貼り

*宛名書き

*賞状書き・筆耕

*クロスワードパズル制作

*手芸・縫製

*採点・添削

*アクセサリー制作

*デコスイーツ制作

*デコレーション加工(ラインストーンなど)

*ティッシュ広告入れ

*袋詰め

*手作業全般

昨今のデコラティブブームにより、あらゆるものをランストーンなどで加工していく、といった案件も増えています。

時代のニーズに合わせ、内職も時代をキャッチしながら進化しているのです。

内職の流れ

家内労働者として内職を請け負うポイントをご紹介します。

1. 管轄の自治体に出向き内職業務の募集を確認する

在宅ワークとの大きな違いのひとつが、国の管轄する自治体が受託者と家内労働者の橋渡しを行っているということ。

これは、家内労働法という法律が制定されていることに起因しています。

逆に言うと、内職業務の従事者=家内労働者になりたいのであれば、民間の求人募集サイトなどをチェックしていても意味がありません。

まずは、所轄の自治体に足を運びましょう。

2.受託者の面接を受け双方合意であれば契約をし仕事をする

遠方者に依頼することがないことから(在宅ワークの場合、日本のどこに在住していようがOKという案件も多いです)、面接は直接行われます。

面接のために必要なものなど確認の上、訪問または指定場所で会う約束をしましょう。

受託者から業務内容の確認などをし、双方合意であれば契約、業務開始となります。

3.納品日までの期間で作業をする

ひたすら地道にコツコツ取り組みましょう。

家内労働手帳にて詳細を確認しながら、受託者の希望する納期までに仕上げるように作業を行います。

4.成果物を納品する 宅配便などを利用して納品することもあれば、受託者企業の近辺在住の内職労働者が多いことから、受託者が車で内職労働者をまわり、成果物を受領していくことも多いです。

自治体管轄エリアでのみ業務募集をしていることからこそできる、内職の納品方法とも言えます。

5.報酬が入金される

内職案件の工賃=報酬が溜まっていき、受託者の締日にまとめられて指定口座に入金されるか、内職の報酬は非常に少ないことが多いことから、成果物納品時と同じように受託者企業が工賃を直接手渡すことも多いです。

法律に定められた規定により、必ず1か月以内に支払いをしなくてはならないことになっています。

最新投稿

  • 内職

    デコラティブ流行りの現代だからこそ内職業務はまだまだある! 『内職』と耳にして思い浮かぶのは、昔からある封筒作成や封筒へのシール貼り、宛名書き、手作業の仕事など。 いずれも、在宅でコツコ...

    内職の続きを読む

  • 大家(不動産)

    大家(不動産)を副業とする人が急増している! 『大家(不動産) 』と聞いて、まずどんなイメージを持ちますか? 多くの人が『昔ながらの土地持ち』『大きめの一軒家だった自宅を取り壊し、アパー...

    大家(不動産)の続きを読む

  • チャットレディー

    女性ならではの副業!チャットレディーで稼ごう! 『チャットレディー』という言葉を聞いたことはありますか? たぶん、一度や二度は耳にしたことがある人も多いのでは?高速インターネットが普及し...

    チャットレディーの続きを読む

  • せどり

    言葉は耳にしたことがあるけれど……せどりって一体なに? ネットサーフをしているうちに、いつのまにか覚えていた『せどり』という言葉。でも具体的に、一体なにか?せどりのことをわからない人のほ...

    せどりの続きを読む

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)

↓